事業の説明









常夜灯移設工事が始まります。
工   期 平成24年9月14日~10月28日まで
移転場所 備中町胡社がある市有地

この常夜灯は1799年に建てられています。鞆の浦の常夜灯は1859年建てられています ちょうど
60年前に建てられ 高さ 大きさも有ります 又歴史的にも東城の文化にも元の場所近くに移転される
事は意義は大きい 各方面から関心が寄せられると思います。  
現在歴史的なものを調べています もしかして日本で2番の規模かもしれません


中国電力電柱移転予定11月
工事写真掲載は組織図のサイトにあります

上町自治振興区 広報情報部作成 観光案内図




平成24年11月24日(土)11時より備中町胡社鎮座祭が滝口庄原市長はじめ竹内市議会議長ほかたくさんのご来賓のご
出席をいただき盛大に執り行われました。 地元の念願でありました、金毘羅大権現常夜燈が213年前の備中町大橋付
近に戻ってきました。盛大に除幕式が行われ、これからは 街道 東城路の観光スポット、文化遺産として伝承されます。
上町自治振興区員のご支援ご協力に感謝申し上げます。有り難うございました。

     
 

東城自治振興センターホールでこけら落としとして、5月18,19日世界太鼓奏者 林英哲 コンサートがあります。

庄原市東城自治振興センター・庄原市東城文化ホール・庄原市立図書館、東城分館・落成式

東城の10の自治振興区と東城公民館統合され 東城自治振興区と4月1日から運営されます。
上町自治振興区も4月1日から新体制になります。広報情報部は事務局に再編成され、人づくり部は
名称が変わり体育部となります。 協働のまちづくりの為上町自治会として再発足し頑張りますので、
再度 応援よろしくお願いします。

東城自治振興センター、東城文化ホール、図書館東城分館の見学会がありました。
事務局長他5名で見学しました。ロビー、ホール、ステージ、各部屋、和室、調理室、事務室、図書分館どこもきれいでした。
ホールは350席元の老人福祉ホールは500席でありましたが、最新の照明音響設備が備え付けられたそうです。
センター長は東城自治振興区連合協議会会長安川保(上町自治振興区会長)が4月1日から就任されます。よろしくお願いします。